審美歯科治療を受けて美しい歯をゲット|自信あふれる口元へと大変身

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

インプラントと口腔内

歯医者

インプラント手術を行うためには、入念なチェックが必要になります。インプラントはたしかに便利なのですが、口腔内の状態によっては手術ができない可能性があります。まず、ひとつ目は歯周病であるということです。歯周病だとインプラントを支えるための歯肉が無くなる可能性が高くあります。手術でインプラントを埋め込んでもすぐ抜けてしまう可能性があるため、手術は行えません。もう一つが、顎の骨の厚さです。インプラントは、顎の骨に埋め込まれるのですがこの時顎の骨が薄かった場合はインプラントを埋め込むことができなくなってしまいます。そのため、生まれつき顎の骨が薄い場合は手術が不可能です。以上二つがインプラント手術を行えない主な理由です。

歯周病の時は、歯周病を治せばインプラント手術は行えます。しかし、顎の骨は生まれついているものなのでどうしようもありません。しかし、大阪のクリニックでは骨移植手術を行うことで骨の厚みを増やし、インプラント手術を行うことのできるクリニックが増えています。なぜ大阪には多いのか、それは大阪には腕の良い意思が集まりやすい傾向にあるからです。そのため、大阪で顎の骨が理由でインプラント手術ができないといわれた場合は、ネットで骨移植手術を行っている病院へ行き、相談してみましょう。なお、骨移植手術の他にも、顎の骨の先端を切り開き、広げることで手術が可能になるといった治療法も行われて降り、こちらは骨の先端だけ細い人専用の治療法となります。