審美歯科治療を受けて美しい歯をゲット|自信あふれる口元へと大変身

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギーを回避する方法

歯科

大阪で多くの患者さんに利用されている歯科治療の1つにインプラント治療というものがあります。インプラント歯科治療では様々な種類の歯科材料から、患者さんが自由に選ぶことが出来ます。しかし歯科材料の種類には金属製のものもあり、人によっては金属アレルギーを起こしてしまう人も珍しくないのです。金属アレルギーは金属が汗や唾液と反応しイオン化することで発症してしまいます。大阪でインプラント治療を受けるのであれば、使用する歯科材料に対してアレルギーを持っていないかどうか、事前に検査しておくことが重要です。

大阪の歯科クリニックではインプラント治療の際にチタン素材を利用することがほとんどです。このチタンというのは分類的には金属になりますが、金属アレルギー反応を起こしにくいと言われています。というのもチタン素材は空気に触れた瞬間に酸化チタンという膜が出来ます。この膜が発生することで金属イオンの発生を防げるため、金属アレルギーを起こしにくいのです。大阪で行なわれているインプラント治療では、インプラント体の他にも人工歯やアバットメントと呼ばれる部品が用いられます。この部品に関しても、金属製以外の物を積極的に選択することで金属アレルギーの発生リスクをより下げることが出来ます。しかし最近では、身体への親和性が高いチタンを使用した場合でもアレルギー反応を起こすケースも報告されています。インプラント治療を受けるなら、金属アレルギーだけでなくチタンアレルギーをもっているかどうかも検査しておきましょう。