審美歯科治療を受けて美しい歯をゲット|自信あふれる口元へと大変身

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

虫歯治療の今昔

歯医者

虫歯治療の一般的なイメージは、「痛くて怖い」ということですが、近年そのイメージは覆りつつあります。虫歯治療を行う際に、歯を削って虫歯の箇所を治していくのですが、削れば削るほど歯は弱くなっていき、虫歯が再発するリスクは高くなります。また、削る痛みのせいで歯医者を嫌がる人は増え、虫歯になっても放置する人は多いです。しかし、最近では痛くない治療と、できるだけ削らない治療を主流とした歯科医院は増え、一昔前のような治療とは一線を画する治療が行われています。たとえば、治療の際に麻酔を注射して歯を削る時の痛みをおさえたり、マイクロスコープを用いて虫歯の箇所のみをピンポイントに削り、歯に掛かる負担を最小限に抑えた治療を行っていることもあります。そのため、感じる痛みは今と昔では雲泥の差であることが多く、痛くて怖い歯科医院というのはもはやなくなりつつあります。

戸塚の歯科医院では、特にそれが顕著です。横浜の戸塚では痛くない治療をモットーにしている歯科医院は多く、最先端機器を使って治療を行っている歯科医院も戸塚には多くあります。よって、横浜の戸塚では虫歯の治療だけではなく、虫歯にならないための予防を相談しに行く人もいます。また、定期的に予防やチェックを行うことで初期の段階の虫歯が見つかることはありますが、初期段階の場合は歯に特に害が及ぼされないので正しい歯磨きで症状の進行をおさえることができます。そちらのほうが、歯を削らないので歯の寿命が長くなるのです。